全国30足限定 / MAKERS 別注U-TIP LOAFER

定価 63,000円(税込69,300円)

34,650円(税込38,115円)

 BLACK×NAVY
6(24cm)34,650円(税込38,115円)
残り0足 売り切れ中
6h(24.5cm)34,650円(税込38,115円)
残り0足 売り切れ中
7(25cm)34,650円(税込38,115円)
残り0足 売り切れ中
7h(25.5cm)34,650円(税込38,115円)
残り0足 売り切れ中
8(26cm)
8h(26.5)34,650円(税込38,115円)
残り0足 売り切れ中
9(27.5)34,650円(税込38,115円)
残り0足 売り切れ中
9h(28.0)34,650円(税込38,115円)
残り0足 売り切れ中
COLOR
SIZE
購入数

【デザイン】







MAKERのADDLE LOAFERを元に、これまでベビーカーフを使用していた同アイテムの素材変更とともに、フランスの高級タンナーであるデュプイ社のデュプイレザーに変更。



ステッチ糸をMilokの2019AWのテーマカラーであるネイビーにしたことでラグジュアリー感とカジュアル感をうまく取り入れています。



MAKERSのインラインのアイテムでは皮に対して同色のステッチ糸を使用しているため、MAKERSとしても初めての試みとなります。



ウェルト部分はスリットウェルトに変更することで、カッチリとした 印象を減らし、若干のボリューム感を出しています。



ソールにはVibram社のコマンドソールを少し薄く削って張った状態での納品となります。











【木型】



オーソベティ/整形靴(モディファイドラスト)を基本としてます。



日本人の足形に合わせたEワイズとなっており、海外のシューズブランドの靴よりも甲が少し高めの設計になっています。



土踏まずの部分も日本人に合わせて狭めに設計されているので、しっかりと支えられているような抜群のフィット感が特徴です。











靴の内側にはヘリンボーン生地を採用。



汗の吸収と乾燥が革より優れているが故に、1960年代頃までのほとんどのVINTAGE SHOESにはヘリンボーン生地が使われていました。







グッドイヤーウェルト製法







ソールはオイルベンズ(MADE IN MEXICO)を採用。



オイルベンズとは MAKERS のスタンダードとなる底革で、メキシコ製の繊維が詰まっている物にオイルをしっかり染み込ませているものです。



しなやかで足のなじみがよく、地面の凹凸を感じやすく、なおかつ比較的滑りにくいことが大きな特徴です。